学校の先生の仕事の大変さ

学校の先生の夏休み

節目

学校の先生に休みはあるのか

社会人になると学校の夏休みというものはとても素晴らしく、ありがたいものだと痛感する人が多いでしょう。運営に携わったことの無い人は決まって「先生は夏休みがあって羨ましい」と言います。それならば先生になれば、またあの幸せが味わえるのでしょうか。率直に言って、味わえません。毎日部活指導のために出勤です。練習試合等が土日にあればもちろん休日も出勤です。更には帰宅時間も通常通りの人が多いです。学校で部活の指導や生徒の面倒を見ながらくたくたになって帰宅するのです。連続した休みはお盆のせいぜい4日程です。休み明けにカラッとした表情で教壇に付く裏では、このような苦労もあるのです。

先生の夏休みに関して

学校の先生の夏休みとは、どのようになっているのかというと、国によって、事情が異なります。日本の場合には、授業がなくても出勤をすることになっており、その上で休暇がもらえるようになっています。一方で、アメリカなどの場合、生徒が学校に来ない期間は仕事がないことになっており、完全に休みになってしまいます。そのため、夏休みの間に違う仕事をしているという先生もいないわけではないのです。どちらが幸せかどうかは断言はできませんが、日本の場合には、部活動などで休みを返上して働く場合もあるので、休みが少ないということは言えるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校の先生の仕事の大変さ. All rights reserved.